クレジット現金化の仕組みや注意点、メリットとデメリット

「クレジット現金化」、みなさんも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。これはクレジットカードのショッピング枠を現金に換えるというもので、生活に困窮している、あるいはすぐにまとまった額のお金を用意しなければならない、そういった人々によく利用されています。なんだか法に触れそうな怪しい雰囲気がありますが、今現在とられている通信販売式のクレジット現金化は一応は合法であり、安心して利用することが可能です。その仕組みについてざっとご説明いたしましょう。

クレジット現金化を業者に依頼する場合、まずはその申請を行い、次に該当のクレジットカードで、その会社の指定する商品を購入します。業者はその商品を改めてあなたから買い取り、あなたにその買取金額を渡すのです。これが今現在の主流である通信販売型のクレジット現金化の仕組みであり、たとえば、クレジットカードで買った本やゲームソフトを中古店に売ったことのある方も多いと思いますが、原理はそれと同じと言えるでしょう。自分で買ったものを転売しているだけですから、法律上は問題がないわけですね。

たとえばあなたがその業者から10万円のブランド品をカードで購入したとしましょう。業者は手数料などを考慮し、そのブランド品に8万円という価格をつけて、買い取る。そうすると、あなたのカードには10万円の買い物履歴がつきますが、現金8万円が手元に残る。これがクレジット現金化の仕組みなのです。

そして、その購入した金額に対し、受け取れる額がいくらかという割合を「還元率」や「換金率」と言います。先の例の場合、10万円の買い物をして8万円がもらえるわけですから、換金率はちょうど80%ですね。

クレジット現金化をする方法


ではそのようにしてクレジット現金化をするにはどうすればいいのか?先ほども触れましたが、まず業者に依頼するという方法があります。「クレジット現金化」で検索をかけていただければ、多数の会社がヒットすると思いますので、そのいずれかに依頼しましょう。電話をかけるだけですぐに現金化に応じてくれるはずです。もちろん営業日等の問題により即日振込が難しい場合もありますが、最近の業者はネットバンクへならいつでも振込み可能としていることが多いので、あらかじめネット銀行の口座を作っておくと良いかもしれません。

業者を利用するメリットは、今すぐにまとまった額が用意できる、そして面倒がないということですね。すべてを任せられるので、自分で何かを考える必要がないのです。対してデメリットは、換金率が低くなる可能性が高いということです。クレジット現金化業者のホームページなどに記載されている「換金率」は、多くの場合、最大値であり、実際にはそれより低くなることがほとんどなのです。換金率80%を謳っていても、基本的には60%から70%くらいの換金率になると考えておきましょう。これは大概どこの会社でも同じことです。

業者に依頼するのが嫌だという方は、自分で現金化を行うことを考えてみてはいかがでしょうか。先ほど言ったように、クレジット現金化の仕組みは「売買」でありますから、たとえば自分で高額なゲームソフトを買ってそれを中古店に売れば、それだけで現金化ができてしまいます。5000円の中古品ゲームソフトを4500円で売ることができれば、換金率は90%ですから、業者に依頼するよりも割がいいですね。

しかし自分で現金化を行うデメリットは、大きな額を用意するのは難しいということです。高額なソフトをいっぺんに30万円ぶん購入して、それを売るといった方法は絶対に避けるべきです。もしその物の価格が数日のうちに下落してしまったら、それこそ換金率40%とか、30%とかになってしまうかもしれません。慎重に、少しずつやるというのが自分でするクレジット現金化のポイントであり、だからこそ、数十万といった大きな額を一度に用意することは難しいのです。

中古販売店は、盗品を買い取ってしまうことを防ぐために、同一商品は1点までしか買い取らないと決めていることも多いです。だとすると、まとまった額を得るには、別々の品、それも売れば高値がつくものを揃えなければなりませんが、そういうものを何十点と用意するのは難しいですよね。効率が悪い、大きな額を用意するのは難しい、これこそが自分でクレジット現金化をするデメリットなのです。

業者に依頼するのと自分でするのとではどちらが良いか、自分が今必要としているお金の額を考えて決めるとよいでしょう。

悪徳業者は口コミで見抜ける?

それらクレジット業者が悪質だったらどうするのか、と不安に感じる方も多いのではないかと思います。買い物をするわけですから、それこそ、お金を渡すという約束をすっぽかされたら、我々はただクレジットカードで買い物をした、つまりは要らぬ出費をしてしまったということになりますからね。

たしかにそのような悪徳業者が絶対にないとは言いませんが、クレジット現金化と検索して上位に表示される会社においては、お金が渡されないといった、本当の意味で悪徳なところはないと思われます。どちらかというと、クレジット現金化の会社を指して「悪徳」という言葉が使われるとき、それは換金率の低さや対応の悪さを言っていることのほうが多いです。

業者の中には、嘘だろと言いたくなるような低換金率を提示してくるところもあります。もしあなたが、その業者以外のところの換金率を知らなければ、確かめようとしなければ、まんまとその悪徳な業者の手口にはまり、多額の手数料を取られてしまうわけです。

しかしそういう意味での悪徳業者は、自分で色々な業者に話を聞いて換金率を確かめれば、簡単に見抜くことができるでしょうし、口コミによってある程度判断することも可能です。それらのクレジット現金化業者の実質的な換金率を教えてくれる口コミサイト、あるいはネット掲示板はたくさんありますから、そういった場所に見られる声を参考に、利用する業者を選ぶとよいでしょう。

ショッピング枠を頻繁に現金化すると……

クレジット現金化を行うときに注意しなければならないのは、その現金化を行う額と頻度です。クレジット現金化は、法律上は問題ありませんので、犯罪には当たりません(グレーとする見方もあります)。

が、カード会社は明確に、現金化目的でのカード使用を禁止していることがほとんどで、もしそのことがばれると、カードを利用停止されてしまう可能性があります。そしてまた、カード利用者がブラックリストに載り、新たにカードを作ったり、お金を借りたりすることが難しくなってしまうでしょう。そうなると大変不便ですので、現金化を行うときには、その額や頻度に注意してください。

めったなことでは目をつけられませんが、業者に依頼して高額な品を何度も購入していると、怪しまれる可能性はあります。特に、それまでカードをあまり使うことのなかった人が、いきなり高額な買い物を頻繁にするようになると、カード会社は現金化を疑うことでしょう。現金化以外にも、自分の持っているものを売るだとか、キャッシングをするだとか、現金を得る方法はいくらでもあります。その必要なお金をすべてクレジット現金化によってまかなうべきなのか、よく考えてみたほうがいいですね。

換金率が抜群に良い商品について

ショッピング枠を現金化するに当たっては、何かしら商品を購入しなければいけない事はわかっていただけたと思います。ここで、現金化業者もしくは自分で現金化する場合の高換金率な商品を幾つかご紹介したいと思います。

新幹線のチケット


これは比較的前から行われてきた王道の手段と言えます。新幹線の切符売り場にて乗車券を購入し、それを金券ショップで換金するといった流れになります。人気の区間だと平均95%の換金率が相場になっていますので、この方法を利用する人は多いです。しかし、カード会社もこれらの情報を入手しているので、少しでも怪しまれてししまうと利用停止になるリスクはあります。滅多に新幹線を利用しない、カード払いの履歴がない人はチェックが入るかもしれません。

amazonギフト券


個人的におすすめなのが「amazonギフト券」の換金です。世界的に知名度の高いamazonで利用可能な商品券ですが、こちらも現金化する方法があります。

amazon内で買い物をした商品を換金するのも良いのですが、何を買っていいのかわからない場合もありますよね?そんな時は、本やゲーム関連がおすすめなんです。まずは中古買取店の買い取り金額をチェックしておいて、最も高く買い取るお店をピックアップします。その高価買取のゲームソフトや本をamazonで購入し、商品が届いた後に中古買取店に売ります。若干手間はかかりますが、人気の本屋ゲームソフトなら高価買取は必至ですので、なかなかの換金率で現金を手にする事が出来ます。

これらの商品をオークションで売るという手もありますが、お店よりも換金率が高くなる事も充分あり得ますが、いかんせんオークションは現金を手にするまで時間がかかります。即効性がないので、今すぐ現金が欲しい方にとってはオークションは向いてないでしょう。

利息負担を考える!クレジット現金化とキャッシングはどっちがお得?

クレジット現金化は、クレジットカードを持っていて、そのショッピング枠の残高が一定以上残っていれば、誰でも審査なしで利用することが可能です。即日振込に対応している業者も多く、今すぐにお金を用意しなければならないというときには重宝します。しかし、それら業者に依頼してクレジット現金化を行うことは、消費者金融にお金を借りるよりも、手数料や利息の負担が大きくなってしまうことは覚えておいたほうがよいでしょう。つまりクレジット現金化は決してお得ではないのです。

クレジット現金化を行う業者の多くは、「換金率表」なるものをホームページに掲載しています。そこには大概、80%とか90%とかいった数値が並んでいるのですが、それらはあくまでも「最大値」であり、ほとんどの場合、実質的な換金率はそれらの数値よりも低くなってしまうのです。カードにもよりますが、具体的には高くても70%くらいでしょう。換金率は消費税等が考慮されていない数値であることも多いので、受け取れる金額は大体、ショッピングを行った額の六割から七割くらいになるのです。

たとえば、ある業者が実質換金率70%でクレジット現金化を行っているとしましょう。あなたは現金7万円がほしくて、その業者に現金化を依頼し、カードで10万円の買い物をして、7万円を受け取ります。するとその時点で業者に3万円の手数料等を支払ったことになりますが、カード会社には別途返済をしていかなければなりませんよね。手元に7万円はあっても、カードで10万円の買い物をしたことには変わりないですから。

あなたは3万円の手数料等を支払ったうえに、カード会社への利息をも支払っていかなければならないのです。額が大きければ大きいほど、その負担は重くのしかかってきます。7万円という額を得るのに、30%以上の手数料や利息を支払わなければならないんですね。

それではキャッシングをする場合はどうでしょうか。キャッシングは、借入金額にもよりますが、年利が18%となっていることが多いです。年利18%というのは、借り入れした額が1年後には1.18倍になりますよ、ということ。返済のことを考えなければ、10万円の借金をしたとき、1年後にはそれが11万8千円となっているわけですね。月々の負担は1500円です。実際には毎月すこしずつ返済をして、利息負担が次第に小さくなっていくわけですから、10万円の借り入れをした場合、ひと月に1000円くらい余分に払うというイメージでしょう。

クレジット現金化は1回行うだけで30%ほどの手数料をとられ、その後はカード会社の利息も払わなければなりませんが、キャッシングは月々の利息負担がパーセンテージでいえば1.5%。この差は歴然ですよね。

もしあなたがクレジットカードを現金化するということに強いこだわりをお持ちなのであれば別ですが、そうではないなら、クレジット現金化よりもキャッシングを利用したほうがよいでしょう。利息負担が大きいほうがいいなんて方はたぶんいらっしゃらないと思いますので、安易にクレジット現金化に走るのではなく、キャッシングで今必要なお金を揃えるということも考えてみるべきです。

クレジット現金化は最終手段?


その意味でいえば、クレジット現金化はお金に困ったときの最終手段だと言えるでしょう。キャッシングの審査に通らない、そのほかに一切、お金を用意する手段がない。もうどうにもできなくなったときに、クレジットカードの現金化を行う。そのように捉えておいたほうが良いと思います。

クレジット現金化は、カードさえ持っていれば誰でもできるだけに、気軽に利用できてしまうところがあります。それは現金化の良いところではありますが、同時に悪い部分でもあるのです。

キャッシングの審査は、近年緩くなりつつあると言えます。それはリボ払いなど、低所得の方でも計画的に返済をしていける方法が新たに確立されたからです。それもまた、気軽にお金を借り入れできてしまうという悪い一面を持ってはいますけれどね。しかし、カード現金化を考えるような状況に立たされたとき、キャッシングのほうがその後失敗してしまう可能性が低いことは事実です。どうせ審査に通らないだろうと諦めるのではなく、とりあえずはキャッシングの申請をしてみて、それでもダメならカード現金化を利用するというようにしてはいかがでしょうか。

その意味では、クレジット現金化は私たちにとって最後のセーフティネットと言えるかもしれません。それを利用するにはリスクが伴いますが、計画的にお金を返済していくことができるのであれば、利用しても問題はないはずです。お金を用意してもらえるから、とすぐに飛びつくのではなく、カード現金化に当たっては、必ず、自分がどのようにしてそのお金を返済していくのか、きちんと見通しを立てておくことが重要ですね。

また、もし業者に多額の手数料を取られるのが嫌だという場合には、自分でショッピング枠を現金化するという方法もあります。大きな額を用意するのは難しいですが、それも現金を手に入れるひとつの方法、手段として、覚えておくとよいでしょう。