この記事の所要時間: 3913

「クレジットカード現金化」、みなさんも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。これはクレジットカードのショッピング枠を現金に換えるというもので、生活に困窮している、あるいはすぐにまとまった額のお金を用意しなければならない、そういった人々によく利用されています。なんだか法に触れそうな怪しい雰囲気がありますが、今現在とられている通信販売式のクレジットカード現金化は一応は合法であり、安心して利用することが可能です。その仕組みについてざっとご説明いたしましょう。

クレジットカード現金化を業者に依頼する場合、まずはその申請を行い、次に該当のクレジットカードで、その会社の指定する商品を購入します。業者はその商品を改めてあなたから買い取り、あなたにその買取金額を渡すのです。これが今現在の主流である通信販売型のクレジットカード現金化の仕組みであり、たとえば、クレジットカードで買った本やゲームソフトを中古店に売ったことのある方も多いと思いますが、原理はそれと同じと言えるでしょう。自分で買ったものを転売しているだけですから、法律上は問題がないわけですね。

たとえばあなたがその業者から10万円のブランド品をカードで購入したとしましょう。業者は手数料などを考慮し、そのブランド品に8万円という価格をつけて、買い取る。そうすると、あなたのカードには10万円の買い物履歴がつきますが、現金8万円が手元に残る。これがクレジットカード現金化の仕組みなのです。

そして、その購入した金額に対し、受け取れる額がいくらかという割合を「還元率」や「換金率」と言います。先の例の場合、10万円の買い物をして8万円がもらえるわけですから、換金率はちょうど80%ですね。

Contents

クレジットカード現金化をする方法


ではそのようにしてクレジットカード現金化をするにはどうすればいいのか?先ほども触れましたが、まず業者に依頼するという方法があります。「クレジットカード現金化」で検索をかけていただければ、多数の会社がヒットすると思いますので、そのいずれかに依頼しましょう。電話をかけるだけですぐに現金化に応じてくれるはずです。もちろん営業日等の問題により即日振込が難しい場合もありますが、最近の業者はネットバンクへならいつでも振込み可能としていることが多いので、あらかじめネット銀行の口座を作っておくと良いかもしれません。

業者を利用するメリットは、今すぐにまとまった額が用意できる、そして面倒がないということですね。すべてを任せられるので、自分で何かを考える必要がないのです。対してデメリットは、換金率が低くなる可能性が高いということです。クレジットカード現金化業者のホームページなどに記載されている「換金率」は、多くの場合、最大値であり、実際にはそれより低くなることがほとんどなのです。換金率80%を謳っていても、基本的には60%から70%くらいの換金率になると考えておきましょう。これは大概どこの会社でも同じことです。

業者に依頼するのが嫌だという方は、自分で現金化を行うことを考えてみてはいかがでしょうか。先ほど言ったように、クレジットカード現金化の仕組みは「売買」でありますから、たとえば自分で高額なゲームソフトを買ってそれを中古店に売れば、それだけで現金化ができてしまいます。5000円の中古品ゲームソフトを4500円で売ることができれば、換金率は90%ですから、業者に依頼するよりも割がいいですね。

しかし自分で現金化を行うデメリットは、大きな額を用意するのは難しいということです。高額なソフトをいっぺんに30万円ぶん購入して、それを売るといった方法は絶対に避けるべきです。もしその物の価格が数日のうちに下落してしまったら、それこそ換金率40%とか、30%とかになってしまうかもしれません。慎重に、少しずつやるというのが自分でするクレジットカード現金化のポイントであり、だからこそ、数十万といった大きな額を一度に用意することは難しいのです。

中古販売店は、盗品を買い取ってしまうことを防ぐために、同一商品は1点までしか買い取らないと決めていることも多いです。だとすると、まとまった額を得るには、別々の品、それも売れば高値がつくものを揃えなければなりませんが、そういうものを何十点と用意するのは難しいですよね。効率が悪い、大きな額を用意するのは難しい、これこそが自分でクレジットカード現金化をするデメリットなのです。

業者に依頼するのと自分でするのとではどちらが良いか、自分が今必要としているお金の額を考えて決めるとよいでしょう。

厳選!クレジットカード優良店を教えちゃいます!

あんしんクレジットの特徴や換金率、申込方法は?即日振込は可能?


あんしんクレジットはクレジットカード現金化を行う業者で、老舗として有名です。現金化の方式は通販型で合法ですし、もちろん審査等もありませんから、クレジットカードを持っていてショッピング枠にある程度の残高があれば誰でも利用することが可能となっています。

換金率が気になるところですけれども、ホームページには換金率表は載っておらず、最高98.8%という数字のみが掲載されています。多少、誇大広告気味かなと思いますが、それについては他の業者もやっていることですから、責められはしないでしょう。

あんしんクレジットは以前は換金率表を載せていたのですが、最近になってひまわりギフトなどと同じ、完全交渉型に移行したようです。実際に電話をして、相談のうえ換金率を決めるという形ですね。事前に目安がわからないのは不便ではありますが、換金率表に載っている数値というのはあくまでも最大値で、手数料や消費税を差し引くと、表記の数値より20%から30%ほど下がってしまうのが常ですから、あまり当てになるものではないので、いっそのこと載せないというのはむしろ良い判断だと言えるのではないでしょうか。

実質的な換金率は業者ごとに違いますし、カードによっても違います。あんしんクレジットの換金率を知りたければ、現金化に使うカードを決めて、電話かメールで問い合わせるしか方法がありません。しかし他の同業者の傾向から考えると、実質的な換金率はおそらく60%から70%前後になると思われます。現金化を行う額によって上がったり下がったりする場合もありますから、あくまでも上記数値は目安とお考えください。

即日振込は可能?

あんしんクレジットは最短10分での振り込みを謳っています。つまり即日振込は可能であるということですね。ただし、振り込みそれ自体は即日してもらうことができても、銀行の営業時間外である15時以降、土日祝日はそのお金を受け取ることができません。銀行の翌営業日にならないとお金は受け取れませんので、申し込みをするタイミングについては注意したほうがよいでしょう。

その代わり、あんしんクレジットは、他の同業者と同じように、ネット銀行であれば24時間振り込みOKとしている可能性が高いです。そのあたりは直接問い合わせて確認したほうがいいですね。今なら換金率5%アップのキャンペーン中ですし、クレジットカード現金化を考えるのなら、あんしんクレジットはその選択肢に当然入ってくると思います。

申し込みの方法は?

それではあんしんクレジットに申し込みをするにはどうすればよいのでしょうか。それはもう実に簡単です。まずあんしんクレジットのホームページを開いていただき、「さっそく申し込む」のボタンを押してください。すると申し込みフォームが出てきますので、名前や携帯電話の番号を入力して送信します。その後、担当者から折り返し電話がかかってきますので、あとは電話口でその方の指示に従ってください。

いきなり申し込みをするのは怖いという場合は、とりあえず電話をして話を聞いてみるとよいでしょう。あんしんクレジットの電話番号はそのホームページに記載されています。受付時間も9時から20時と長いので、仕事で忙しい方でも安心ですね。

ちなみにメールでの問い合わせも受け付けており、そちらは24時間OKとなっています。「電話もちょっとな……」と思う方はメールで問い合わせをしてみるとよいでしょう。ただし24時間受付とはいえ、深夜にメールを送った場合はおそらく返信は翌日となりますので、その点はご留意ください。

あんしんクレジットの口コミ評判

知名度も高く、ネット上では人気のあんしんクレジット。ここで、あんしんクレジットの良い口コミと悪い口コミを集めてみましたのでご覧下さい。

良い口コミ

どうしても現金が必要で、知人から現金化の話を聞いてあんしんクレジットさんに問い合わせてみました。審査もすぐに済んで、ショッピング枠の残高を確認した後にすぐ自分の口座に振り込まれました。あの時は本当に助かりました、ありがとう! 34歳会社員

個人的な事情で全般的にキャッシングが出来ない身分。そんな私でも、あんしんさんはクレジットカードの現金化を行ってくれました。どうしてもお金がない時には、またあんしんさんを利用したいと思います。 41歳主婦

結構大きな出費を控えていて、どうしてもお金が足りない状況でのクレジットカード現金化。いろんな業者に問い合わせてみましたが、あんしんクレジットが一番満足のいく内容でしたので決めました。換金率の良さはダントツではないでしょうか。 44歳作業員

悪い口コミ

ネットで現金化の情報を見て連絡してみました。特に問題ないはずなのに審査が通らず、結局は銀行系のローンでお金を工面しました。なぜ審査落ちしたのかが不明です。 22歳アルバイト

クレカの現金化は、いざという時は助かるかもしれない。しかし換金率などを冷静に考えると割に合わないのは一目瞭然。現金化するくらいならサラ金でキャッシングした方がマシですよ! 36歳会社員

以上、あんしんクレジットについて見てきました。文字通り安心して利用できる会社なので、あとは他社と換金率を比べてどうかですね。とりあえずは直接電話かメールで問い合わせてみるのが良いと思います。

ひまわりギフトの換金率や口コミ、お得に利用する方法や営業時間は?


ひまわりギフトは業界屈指の換金率を誇るクレジットカード現金化業者です。最高で96%の換金率を謳い、換金率5%アップなどのキャンペーンを行ったりもして、とにかく高換金率にこだわった業者であると言えましょう。その特徴は、具体的な換金率は要相談ということ。他のクレジットカード現金化業者のサイトを見ると、換金率表なるものが掲載されていますが、ひまわりギフトにはそれがないんですね。

クレジットカード現金化業者の示す換金率というのは、あくまでも最大値です。手数料や消費税を差し引くと、実質的な換金率は表記の数値よりどうしても低くなってしまうんですよね。ひまわりギフトはそのことを考慮して、あえて換金率表を載せていないのだと思われます。ではどうやって換金率を知るのかというと、直接問い合わせることによってです。ひまわりギフトは完全に交渉によって換金率を決めるというところに最大の特徴があるんですね。

しかもひまわりギフトは、他社よりも換金率が低かった場合、そのことを言えば換金率アップの交渉に応じてくれます。クレジットカード現金化をしようと思ったものの、換金率が低くて結局あきらめてしまった。そういう方にこそひまわりギフトはおすすめです。

ひまわりギフトをお得に利用するには

そんなひまわりギフトですが、この業者をよりお得に利用する方法はあるのでしょうか。クレジットカード現金化なんてどうやっても同じでしょ、と思われるかもしれませんが、ひまわりギフトは違います。この会社は毎月15日を「ひまわりの日」と称しイベントを行っており、その当日に申し込めば換金率を3%アップしてくれるのです。10万円の現金化を申し込むと、普段より3千円多くもらえるわけですから、これは非常にお得ですよね。それ以外の日に申し込みをするよりも、15日を狙って申し込んだほうがよいでしょう。

しかし、ひまわりギフトは基本的に交渉によって換金率を決めますので、あらかじめ他社の換金率を知っておくことも大事です。それを知らないと逆に損をしてしまう可能性もありますので、その月の15日になるまえに、他社に問い合わせをして換金率の確認をしておいたほうがよいでしょう。そのうえでひまわりギフトに電話し、換金率の交渉の臨めばよいのです。

クオカード配布のキャンペーンも行っているので、クレジットカード現金化を考えるのなら、ひまわりギフトは当然選択肢に入ってくると思います。

ひまわりギフトの営業時間は?

ひまわりギフトの営業時間は、9時から20時までとなっています。電話の受付時間がそれというだけで、メールであれば24時間受け付けているようですね。もっとも、深夜帯にメールを入れた場合は、返信が遅れることもあると思いますので、その点はご注意ください。

振込み可能な時間は、銀行の営業時間に依拠します。即日振り込みをしてもらいたいと思ったら、15時前に余裕をもって電話をしなくてはいけません。ただし、ゆうちょ銀行やジャパンネット銀行、イーバンク銀行などは24時間いつでも即日振り込みが可能なようです。クレジットカード現金化にあわせて、口座を開設しておくと良いかもしれませんね(ネットバンクに関してはコチラ)。

その他なにかわからないことがあれば、ひまわりギフトに電話をして直接確認されるとよいでしょう。クレジットカード現金化を今までしたことがない人でも、そのことを言えば色々とていねいに教えてくれるはずです。

以上、ひまわりギフトについてみてきました。どんな場合でもこの業者に現金化を依頼したほうがいいとは言いませんが、とりあえず換金率について相談してみる価値のある業者だと思います。クレジットカード現金化をするなら、できるだけ多くのお金をもらえたほうが絶対にいいですから、面倒くさがらずに、複数の会社に相談して、どこに依頼するかを決めたほうがよいでしょう。ひまわりクレジットはその選択肢のひとつです。

スマイルギフトの特徴や換金率、営業日や申し込みの方法とは?


スマイルギフトはクレジットカード現金化を行う業者のなかでも比較的有名な会社だと言えるでしょう。現金化の方式は、通販式で、カードを使って何か商品を購入し、それをスマイルギフトに再び買い取ってもらうという形になります。完全に合法のクレジットカード現金化方法ですので、安心して利用することが可能です。

また、融資などとは違い、あくまでも「購入した品を買い取ってもらう」、つまりネットで買ったゲームを中古店に売るのと同じ仕組みですので、審査や来店の必要はなく、クレジットカードを持っていて、かつショッピング枠にある程度の空きがあれば、どなたでも即日お金を受け取ることが可能となっています。

スマイルギフト最大の特徴は、この業者が女性をターゲットにしていることでしょう。ホームページを見ていただければわかりますが、女性モデルの写真や、花の絵図などをふんだんに使い、色使いも明るく、いかにも女性向けのサービスらしいサイト作りがなされています。実際は男性でも利用することは可能なんですけれどね。

換金率は、男性プランと女性プランのふたつがあり、女性プランのほうが若干換金率が高くなっています。ここからも、女性をターゲットにしていることが読み取れますね。具体的な換金率は以下のとおりです。

お申込み金額 男性プラン 女性プラン
1万円~30万円 87% 88%
31万円~50万円 89% 90%
101万円~200万円 91% 92%
201万円~ 93% 94%

見てのとおり、女性のほうが若干換金率が高くなっていますね。表には51万円から100万円までの数値が載っておりませんが、これはスマイルギフトのホームページでもそうなのです。その金額の換金率をどうするかは、相談して決めるということかもしれません。

ひとつ注意していただきたいのは、この換金率はあくまでも目安だということ。利用するカードの種類によって数値が変わる場合もあります。実質的な換金率は70%前後くらいと考えておいたほうがいいかもしれません。それはスマイルギフトだけでなく、すべてのクレジットカード現金化業者に言えることです。

スマイルギフトの営業時間や振り込み可能時間は?

スマイルギフトの営業時間は、他の業者とは違い24時間となっています。電話、メールどちらでも24時間対応しているようです。困ったときにすぐ相談できるというのは非常に良いですね。換金率のことなど、気になったことがあれば電話で問い合わせてみるのがよいでしょう。

振り込みは「最短5分」を謳っておりますので、即日振込が可能です。ただし銀行の営業が終了している時間帯や休業日に申し込みをすると、振り込みをしてもらうことはできても、お金を受け取れるのはその銀行の翌営業日となります。そのことは留意しておいたほうがいいですね。基本は平日の15時までに、ある程度余裕をもって申請すると覚えておけばいいと思います。

もしあなたがネット銀行の口座をお持ちなら、土日祝日や平日の15時以降でも振り込み及びお金の受け取りが可能であるかもしれません。そのあたりのことはスマイルギフトに直接確認されるとよいでしょう。

申請の仕方は、まずスマイルギフトのホームページを開いていただき、すると「今すぐ申し込む」といったボタンが表示されると思いますので、それをクリック。開いたページで名前や電話番号等を入力し、送信するだけでOKです。折り返し電話がかかってきますから、そこで換金率等、詳しい話を聞いてみてください。

スマイルギフトの口コミや評判が気になる

女性スタッフも多く、対応が良いと評判のスマイルギフトですが、実際に利用した事のあるユーザーの口コミや評判を紹介したいと思います。

高評価の口コミ

カードを現金化するのは初めてだったのですが、女性STAFFの方が親切に応対してくれて、何の不安もなくやり取りする事が出来ました。その日で振り込まれましたし、また利用したいなと思える業者さんでした。 30代女性

車の修理代を工面するためにネットで情報を探していたら、クレジットカード現金化が目に留まりました。問い合わせたのがスマイルギフトだったのですが、申し込みから振込まで非常にスムーズで、とても助かりました。来店不要なのが良いですよね! 20代男性

数年前に他社で現金化してもらったんだけど、換金率の良さから今回はスマイルギフトさんで現金化依頼。何かとトラブルの多い業界らしいのですが、スマイルさんは安心して依頼する事が出来ました。また何かあればお願いします! 30代女性

低評価の口コミ

本当に困っていて、最終手段でクレジットカードの現金化を思い立ちました。しかし、審査に落ちてしまってしばらく立ち直れませんでした。他社なら審査通過したのかなとか考えると腹立たしいです。 30代男性

現金化のキツイところは、最終的に現金化したお金を全額返済しなければいけない事。当たり前ですが、一時的な事情でカードを現金化してしまうと、後々の負担が大きいんです。 40代女性

以上、スマイルギフトについて見てきました。換金率からいっても、特に女性におすすめしたいクレジットカード現金化業者です。創業から10年以上の老舗ですし、現金化を考えるのであれば、スマイルギフトは当然選択肢に入ってくると思います。みなさんも利用を考えてみてはいかがでしょうか。

クレジットカード現金化業者の選び方は?交渉のポイントや注意点


クレジットカード現金化を考えている方は、どの業者に依頼すべきか迷うところだと思います。悪徳業者に引っかかるのは嫌ですし、できれば換金率の高いところにお願いしたいですからね。まず悪徳業者についてですが、本当の意味での、つまりお金を渡さないなどといった悪徳業者はほとんど存在しませんし、クレジットカード現金化と検索して出てくる業者は安心して利用することができますので、その点は心配いらないでしょう。

問題は、換金率の高さです。クレジットカード現金化を行う業者は、ホームページに換金率表を掲載していますが、あそこにある数値は最大値であり、消費税や手数料などが考慮されていないことが多いです。実質的な換金率は60%から70%くらいになることを覚えておきましょう。そのうえで、では実質的な換金率とやらが高いのはどこかと考えなくてはならないわけです。

あくまでも傾向としてではありますが、換金率98%など、あまりに高い換金率を謳っているところは、実質的な換金率は低いことが多いです。クレジットカード現金化業者が、誇大広告をするというのはよく知られていますが、それは他社もやっているので仕方のない面もあります。しかしあまりに大げさな広告を打ち出している会社は、それが完全な嘘ではないにしても、利用者がその広告と実際の換金率との差に落胆することを知ったうえでそうしているのですから、控えめな広告を行っている会社よりは信用度が低いと言えます。

そのような信用度の低い会社というのは、つまり利用者の気持ちをよく考えていないということですから、相場よりも遥かに低い換金率を平気で言ってくる、吹っかけてくるところがあるんですね。もし他社の換金率を知らずに現金化を依頼してしまうと、かなり損をしてしまうのです。

したがって、クレジットカード現金化を行う際には、まず広告が他社に比べてそれほど大げさではない会社を選ぶこと、次に、複数の会社に問い合わせをして、換金率を比べてみることが重要です。業者に電話をかけてみるとわかりますが、換金率をはっきりと教えてくれないようなところもあります。そういった会社は大体、あなたの会社に決めますと言わないと換金率を教えてくれませんし、教えてくれても換金率は低いことが多いですね。

問い合わせをしてみて、どのカードでいくらの現金化を行いたいのだが、その場合いくらの決済が必要になるのか、換金率はどのくらいになるのかを質問し、はっきりと答えてくれるかどうかをまず見ること。もし教えてもらえたら、じゃあちょっと相談してみますなどといって一旦電話を切り、それから他の会社にも問い合わせてみること。そうして実質的な換金率の高低を探り、最も高いところに決めるのがベストです。

場合によっては交渉も可?

クレジットカード現金化業者は、換金率の交渉に応じてくれる場合があります。それはたとえば他社に比べ、あなたの会社は換金率がこれだけ低いと、具体的な数値を言える場合にのみ限られます。とはいえ、それで換金率が数%アップすることもあるのですから、もし可能であれば、交渉を持ちかけてみるのも悪くはないでしょう。

クレジットカード現金化という業種は、きわめて利率の高い商売です。キャッシングの年利はおよそ18%なのに対し、クレジットカード現金化は、手数料などと称して20%から30%ほどの料金を一度に取ることができるのですから。

そもそもクレジットカード現金化を行わないといけない所まで追い詰められる人はそう多くはない、つまり需要が少ないので、会社が多くの手数料を取るのは当然といえば当然ですが、これだけ沢山の会社が存在するということは、やはり儲かる商売なのだと思います。それはつまり実質的な換金率というのは、実際にかかる手数料の何倍もの割合の金額を差し引くものであり、それを少しくらい減らしても、会社の利益は揺るがないということなんですね。

ほんのすこし換金率を上げるだけで、会社は大きな利益を得られるのですから、交渉にはむしろ積極的な業者も多いと思われます。ちょっと検索していただければわかりますが、完全に交渉のみによって換金率を決める業者も存在するくらいです。もっと換金率を上げてくれと言うことにためらいを感じる方も多いかもしれませんが、もともと業者の多くは「吹っかけている」わけで、遠慮する必要などないのです。

交渉をするときのポイントは、迷っているそぶりを見せること、そして喧嘩腰にならないように注意することですね。換金率を教えてもらったときに「そうかあ、いやね」と他社に相談したときのことを話してみてください。普通であれば、換金率の高いほうを迷うことなく選ぶものですが、「実はあちらさんは対応がちょっと悪くて不安なんだよね」などと言えば、迷っているということに説得力をもたせられます。そのうえで「なんとかあと○%上げられませんかね?」といったように相談してみればよいのです。

この方法を使うには、当然他社の換金率を知っていなくてはなりません。交渉して換金率を上げてもらったのに、一度持ち帰って考える、というのでは相手も興醒めです。交渉に応じると明記している会社は後に回して、そうでない会社に先に問い合わせるようにしましょう。そうすれば、なるべく高い換金率で現金化をしてもらうことが可能です。

意外と簡単?クレジットカード現金化を自分でする方法や、その注意点とは?


クレジットカード現金化は自分の手ですることが可能です。その方法は至って簡単で、自分で購入したものを中古店などに売るだけでいいのです。たとえば1万円のものをクレジットカードで購入し、中古店や質屋に9000円で売ることができれば、換金率は90%となります。業者に依頼するよりも高い換金率を実現できる可能性があるというのが、自分でクレジットカード現金化をするメリットです。

ではどんなものを売買するのが良いのか。まとまった額が必要ということであれば、ブランド品やゲームソフト、ゲームハードなどを売買するのが良いでしょう。ひとつひとつの値段が高いため、一品で数万円くらいの現金を手に入れられることもあります。ただし注意しなければならないことは、金額が大きいだけに、高い値段をつけてもらえなかったときの損失も大きくなってしまうということ、そして古いものは比較的、買取価格が低くなってしまう可能性が高いということです。

10万円のブランド品を購入し、それを中古店や質屋に持っていっても、早い話が買い叩かれてしまう可能性もあり、その場合、もし他によい店を見つけられなければ、換金率は業者に依頼するよりも低くなってしまう場合があります。ブランド品については、その年の流行、トレンドなどをよく知っていないと、うまく転売することは難しいでしょう。

それに対してゲームソフトやゲームハードは、発売されて数日のうちは、新品価格とそう変わらない値段で買い取ってもらうことが可能です。前評判にもよりますが、ゲームソフトなら大体、新品価格からマイナス1000円~2000円程度が買取価格となるでしょう。割合でいうと20%程度減といったところですね。この割合はゲームハードについても同じで、ひとつひとつの値段が高いため、現金化の効率はゲームソフトよりも遥かに高いといえます。

さらに、ゲームは通販サイトなどで予約をすることによって割引を受けられることも多いので、うまくすれば換金率90%以上も夢ではありません。古い名作ゲームなどを買って売るという方法もありますが、そういうものは数が少ないですし、店によっては買取価格にその価値をほとんど考慮しない、考慮してもネット上の相場よりは遥かに低いといったことが結構あるので、クレジットカード現金化を行う場合には新作ゲームの売買を考えたほうがよさそうです。

本でクレジットカード現金化もできる?

これまでブランド品やゲームの売買によるクレジットカード現金化について述べてきましたが、当然他のものを売買するのでも現金化を行うことが可能です。たとえば本。本は工夫すれば安く仕入れて高く売るということが可能であり、ごく一握りではありますが、それで儲けている人たちもいます。そういう専業の、本の売買屋さんを「せどり」といいます。

実際には、本はひとつひとつの価格が低いですし、莫大な利益を出すことは難しいといえるでしょう。しかしながら、クレジットカード現金化をする、つまり若干の損失があっても構わないと考えるのなら、本は非常に有用なものだと言えます。

たとえば古本屋チェーンの多くは、高価買取というものを行っており、これを活用すればそれなりに高い換金率を実現できるのです。人気の漫画など、各古本屋がどんなものをいくらで買い取っているのか把握しておくことが重要ですね。A店では高価買取対象のものが、B店ではそうでない、ということもあります。B店で漫画を購入し、それをA店に持っていって高値で買い取ってもらうなどすれば、換金率は80%から90%くらいは目指せるでしょう。やり方さえ間違えなければ、業者より換金率が低くなるということはないはずです。

ただし店によっては、高価買取の対象の本であったとしても、状態が悪ければ減額をするという所もありますので、その店が価値重視の査定をしているのか、それとも状態重視の査定をしているのか、あるいは特定の品については一律いくらで買い取るといった方針の店なのか。それを把握しておくことも大事ですね。

それがわからないという場合は、何度か、高価買取の対象となっている本を売りに行ってみればよいのです。状態が悪いものを出したときにどういう査定をするのか、確かめてみてください。

なお、本の査定については、機械ではなく、人間の目で行うという店も少なくありません。その場合、査定を行う人によって金額が違ってくることも多々あります。これくらいのヤケがあったら減額を行う、といった基準が人によって厳しかったり緩かったりするわけですね。人が行うものなので、それは仕方のないことです。だからこそ、何度も本を売りに行って、その店での買取がどのようなものなのか、同じものを売りに行った際に値段が大きく違うことはあるのかなどを確かめておくことが重要なのです。

基本的に、中古店は客に言われて買取価格を変えることはありません。でないと言い値で買わなければいけなくなってしまうからです。昨日はいくらで売れた、という言い分も通用しないので、そのことは覚えておきましょう。また、短期間に同じものを売りに行くと盗品を疑われる可能性がありますので、ある程度間隔をあけるようにしてくださいね。

クレジットカード現金化の危険性とは?お金をギャンブルに使うとどうなる?

クレジットカード現金化の危ないところは、キャッシングをする場合などよりも利息(手数料)負担が大きくなること、その一言に尽きます。どこの業者も実質的な換金率は70%前後となりますから、1回の現金化で、30%近くの手数料をとられてしまうのです。

それがいかに大きな割合であるかは、キャッシングの年利18%という数値を見れば明らかでしょう。キャッシングは月ごとのパーセンテージで見れば、利息負担はひと月あたり1.5%。クレジットカード現金化はその20倍以上の額をいっぺんに取られてしまうわけですね。加えて、業者に手数料を支払うと、今度はカード会社への返済が待っています。そこにも当然利息がかかりますから、クレジットカード現金化は結局のところ、他のあらゆる方法に比べ、利用者にとって不利益な面が大きいと言えるのです。

お金がないからといって安易に利用したり、あるいはキャッシングが使えなくなったからといって現金化を頼ったりしては、かえって自分の首を絞めることになりかねません。利用する際には、当然のことではありますが計画的に返済していけるような具体的なプランが必要となります。自身の所得と支出を改めて計算してみてください。

そもそも現金が必要なのか

そもそも現金が必要なのかということも、今一度考えてみるべきでしょう。クレジットカード現金化とは、ショッピング枠で買い物をして、その品を改めて買い取ってもらうというものです。しかし、もともとそのショッピング枠は「買い物に使える」わけですよね。クレジットカード現金化というのは、買い物をするのに現金代わりに使えるものを、わざわざ高い手数料を払って現金に換えようというものなのです。

では現金化が必要になる場面というのは、いったいどのような時でしょうか?まず、現金が必要なのであれば、キャッシングの申請をするはずです。これを通り越してクレジットカード現金化を使うのは、自ら進んで損をするのと同じことです。したがってクレジットカード現金化をする場合というのは、まずこのキャッシングの審査に落ちた、通らなかったというのが前提となります。

そのうえでどういった状況で現金が必要になるのか、考えてみましょう。たとえば家賃の支払いや、借金の返済、慰謝料や税金、年金の支払いなどが考えられますが、そこまで追い詰められることが果たしてそう簡単に起こりうるでしょうか。そしてクレジットカード現金化を考えているあなたは、今そのような危うい状況に立たされているでしょうか。

たしかに家賃や借金、慰謝料を支払うのには現金が要ります。税金や年金は申請をすれば免除を受けられることも多いので、お金がなくて絶対に払えない、という状況に陥ることはほとんどないはずです。

家賃等にしても、今まではどう暮らしていたのでしょうか。収入のないままどこかのアパートに入るなんてことはほとんどありえませんよね。また収入がないのにお金を借りるなんていうのはもってのほかです。もしそれで首が回らなくなったのなら、クレジットカード現金化うんぬんの前に、仕事を見つけるか、生活保護の申請をするか、さもなくば自己破産の手続きを採るべきでしょう。

このように、クレジットカード現金化がどうしても必要になるという場面というのは、かなり特異であることがわかります。そもそも収入があるのにキャッシングの審査に通らないというのはおかしいですし、逆に収入がないのにクレジットカード現金化を、つまりカード会社への借金を作ろうというのもおかしいですからね。

おそらくですが、クレジットカード現金化を考える方は、その方法がただ簡易だからという理由だけで、現金化を行おうとしているのではないかと思います。キャッシングの申請には、申請フォームへの入力が必要になりますし、ちょっと面倒ですからね。

そしてまた、クレジットカード現金化を考える方の中には、キャッシングの枠を使い切ってなお借金をしようとしている人、たとえばギャンブルなんかにそのお金を使おうとしている方も多いのではないかと思います。お金の使い道は自由ですから、文句を言われる筋合いはないと思われるでしょうが、それでもあえて言っておくと、ギャンブルのために借金をすることだけは絶対にやめたほうがいいです。それはなぜかというと、ギャンブルで作った借金は、自己破産の申請をしても決して免除されないからです。

時折テレビなどで1000万円以上の借金を抱えているのに仕事がアルバイトである人などを見たりしますが、あのような人がなぜ借金地獄から抜け出せないのかというと、その借りたお金をギャンブルのために使っていたからなんですね。自己破産をしても免除されないので、一生かけてその借金を返済していかなければならないのです。

1000万というと、年利15%くらいで考えたとしても、月々の利息は12万と5千円くらい。朝から夜まで、毎日、休むことなく働き続けたとしても、月収の半分から3分の1程度は「利息だけで」消えてしまうのです。もちろん元金を返していかなければなりませんので、実際の返済額はこれの倍くらいにはなると思われます。どれだけ生活を切り詰めても苦しい、といったくらいのお金しか手元には残らないのです。

キャッシングもそうですし、クレジットカード現金化もそうですが、ギャンブルのために利用することだけは絶対にやめましょう。

悪徳現金化業者は口コミで見抜ける?


それらクレジット業者が悪質だったらどうするのか、と不安に感じる方も多いのではないかと思います。買い物をするわけですから、それこそ、お金を渡すという約束をすっぽかされたら、我々はただクレジットカードで買い物をした、つまりは要らぬ出費をしてしまったということになりますからね。

たしかにそのような悪徳業者が絶対にないとは言いませんが、クレジットカード現金化と検索して上位に表示される会社においては、お金が渡されないといった、本当の意味で悪徳なところはないと思われます。どちらかというと、クレジットカード現金化の会社を指して「悪徳」という言葉が使われるとき、それは換金率の低さや対応の悪さを言っていることのほうが多いです。

業者の中には、嘘だろと言いたくなるような低換金率を提示してくるところもあります。もしあなたが、その業者以外のところの換金率を知らなければ、確かめようとしなければ、まんまとその悪徳な業者の手口にはまり、多額の手数料を取られてしまうわけです。

しかしそういう意味での悪徳業者は、自分で色々な業者に話を聞いて換金率を確かめれば、簡単に見抜くことができるでしょうし、口コミによってある程度判断することも可能です。それらのクレジットカード現金化業者の実質的な換金率を教えてくれる口コミサイト、あるいはネット掲示板はたくさんありますから、そういった場所に見られる声を参考に、利用する業者を選ぶとよいでしょう。

優良業者の口コミはクレジットカード現金化を即日行える優良店一覧【クレジットカード現金化優良店.com】で確認できます。

ショッピング枠を頻繁に現金化すると……

クレジットカード現金化を行うときに注意しなければならないのは、その現金化を行う額と頻度です。クレジットカード現金化は、法律上は問題ありませんので、犯罪には当たりません(グレーとする見方もあります)。

が、カード会社は明確に、現金化目的でのカード使用を禁止していることがほとんどで、もしそのことがばれると、カードを利用停止されてしまう可能性があります。そしてまた、カード利用者がブラックリストに載り、新たにカードを作ったり、お金を借りたりすることが難しくなってしまうでしょう。そうなると大変不便ですので、現金化を行うときには、その額や頻度に注意してください。

めったなことでは目をつけられませんが、業者に依頼して高額な品を何度も購入していると、怪しまれる可能性はあります。特に、それまでカードをあまり使うことのなかった人が、いきなり高額な買い物を頻繁にするようになると、カード会社は現金化を疑うことでしょう。現金化以外にも、自分の持っているものを売るだとか、キャッシングをするだとか、現金を得る方法はいくらでもあります。その必要なお金をすべてクレジットカード現金化によってまかなうべきなのか、よく考えてみたほうがいいですね。

換金率が抜群に良い商品について

ショッピング枠を現金化するに当たっては、何かしら商品を購入しなければいけない事はわかっていただけたと思います。ここで、現金化業者もしくは自分で現金化する場合の高換金率な商品を幾つかご紹介したいと思います。

新幹線回数券 現金化や売り方


これは比較的前から行われてきた王道の手段と言えます。新幹線の切符売り場にて乗車券を購入し、それを金券ショップで換金するといった流れになります。人気の区間だと平均95%の換金率が相場になっていますので、この方法を利用する人は多いです。しかし、カード会社もこれらの情報を入手しているので、少しでも怪しまれてししまうと利用停止になるリスクはあります。滅多に新幹線を利用しない、カード払いの履歴がない人はチェックが入るかもしれません。

amazonギフト券の売り方 現金化


個人的におすすめなのが「amazonギフト券」の換金です。世界的に知名度の高いamazonで利用可能な商品券ですが、こちらも現金化する方法があります。

amazon内で買い物をした商品を換金するのも良いのですが、何を買っていいのかわからない場合もありますよね?そんな時は、本やゲーム関連がおすすめなんです。まずは中古買取店の買い取り金額をチェックしておいて、最も高く買い取るお店をピックアップします。その高価買取のゲームソフトや本をamazonで購入し、商品が届いた後に中古買取店に売ります。若干手間はかかりますが、人気の本屋ゲームソフトなら高価買取は必至ですので、なかなかの換金率で現金を手にする事が出来ます。

これらの商品をオークションで売るという手もありますが、お店よりも換金率が高くなる事も充分あり得ますが、いかんせんオークションは現金を手にするまで時間がかかります。即効性がないので、今すぐ現金が欲しい方にとってはオークションは向いてないでしょう。

利息負担を考える!クレジットカード現金化とキャッシングはどっちがお得?

クレジットカード現金化は、クレジットカードを持っていて、そのショッピング枠の残高が一定以上残っていれば、誰でも審査なしで利用することが可能です。即日振込に対応している業者も多く、今すぐにお金を用意しなければならないというときには重宝します。しかし、それら業者に依頼してクレジットカード現金化を行うことは、消費者金融にお金を借りるよりも、手数料や利息の負担が大きくなってしまうことは覚えておいたほうがよいでしょう。つまりクレジットカード現金化は決してお得ではないのです。

クレジットカード現金化を行う業者の多くは、「換金率表」なるものをホームページに掲載しています。そこには大概、80%とか90%とかいった数値が並んでいるのですが、それらはあくまでも「最大値」であり、ほとんどの場合、実質的な換金率はそれらの数値よりも低くなってしまうのです。カードにもよりますが、具体的には高くても70%くらいでしょう。換金率は消費税等が考慮されていない数値であることも多いので、受け取れる金額は大体、ショッピングを行った額の六割から七割くらいになるのです。

たとえば、ある業者が実質換金率70%でクレジットカード現金化を行っているとしましょう。あなたは現金7万円がほしくて、その業者に現金化を依頼し、カードで10万円の買い物をして、7万円を受け取ります。するとその時点で業者に3万円の手数料等を支払ったことになりますが、カード会社には別途返済をしていかなければなりませんよね。手元に7万円はあっても、カードで10万円の買い物をしたことには変わりないですから。

あなたは3万円の手数料等を支払ったうえに、カード会社への利息をも支払っていかなければならないのです。額が大きければ大きいほど、その負担は重くのしかかってきます。7万円という額を得るのに、30%以上の手数料や利息を支払わなければならないんですね。

それではキャッシングをする場合はどうでしょうか。キャッシングは、借入金額にもよりますが、年利が18%となっていることが多いです。年利18%というのは、借り入れした額が1年後には1.18倍になりますよ、ということ。返済のことを考えなければ、10万円の借金をしたとき、1年後にはそれが11万8千円となっているわけですね。月々の負担は1500円です。実際には毎月すこしずつ返済をして、利息負担が次第に小さくなっていくわけですから、10万円の借り入れをした場合、ひと月に1000円くらい余分に払うというイメージでしょう。

クレジットカード現金化は1回行うだけで30%ほどの手数料をとられ、その後はカード会社の利息も払わなければなりませんが、キャッシングは月々の利息負担がパーセンテージでいえば1.5%。この差は歴然ですよね。

もしあなたがクレジットカードを現金化するということに強いこだわりをお持ちなのであれば別ですが、そうではないなら、クレジットカード現金化よりもキャッシングを利用したほうがよいでしょう。利息負担が大きいほうがいいなんて方はたぶんいらっしゃらないと思いますので、安易にクレジットカード現金化に走るのではなく、キャッシングで今必要なお金を揃えるということも考えてみるべきです。

クレジットカード現金化は最終手段?


その意味でいえば、クレジットカード現金化はお金に困ったときの最終手段だと言えるでしょう。キャッシングの審査に通らない、そのほかに一切、お金を用意する手段がない。もうどうにもできなくなったときに、クレジットカードの現金化を行う。そのように捉えておいたほうが良いと思います。

クレジットカード現金化は、カードさえ持っていれば誰でもできるだけに、気軽に利用できてしまうところがあります。それは現金化の良いところではありますが、同時に悪い部分でもあるのです。

キャッシングの審査は、近年緩くなりつつあると言えます。それはリボ払いなど、低所得の方でも計画的に返済をしていける方法が新たに確立されたからです。それもまた、気軽にお金を借り入れできてしまうという悪い一面を持ってはいますけれどね。しかし、カード現金化を考えるような状況に立たされたとき、キャッシングのほうがその後失敗してしまう可能性が低いことは事実です。どうせ審査に通らないだろうと諦めるのではなく、とりあえずはキャッシングの申請をしてみて、それでもダメならカード現金化を利用するというようにしてはいかがでしょうか。

その意味では、クレジットカード現金化は私たちにとって最後のセーフティネットと言えるかもしれません。それを利用するにはリスクが伴いますが、計画的にお金を返済していくことができるのであれば、利用しても問題はないはずです。お金を用意してもらえるから、とすぐに飛びつくのではなく、カード現金化に当たっては、必ず、自分がどのようにしてそのお金を返済していくのか、きちんと見通しを立てておくことが重要ですね。

また、もし業者に多額の手数料を取られるのが嫌だという場合には、自分でショッピング枠を現金化するという方法もあります。大きな額を用意するのは難しいですが、それも現金を手に入れるひとつの方法、手段として、覚えておくとよいでしょう。


投稿日:2016年6月16日 更新日:

Copyright© 「nikki jean」 , 2016 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.